Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
学び
 こんにちは。

女性専門カウンセリング アミティの委原です。

アミティに通ってきてくださる方に
「緊張してしまう」
というご相談があります。

講座では、学んだ事をペアを組んで実技をするのですが、受講生の中でも、
「見られると恥ずかしくて集中できなくなります」
とおっしゃる方も少なくありません。

私も数年前までは、1分くらいの自己紹介でも緊張してしまうし、
例え一人の人に質問されるだけでも、見られてると思った瞬間から
頭が真っ白になってしまう事が度々ありました。

どうしてそうなるのか・・・

その前に・・・

先日ライブに行ってきました。

最近、音楽にはまってます。

3日前まで南米で旅をしながら18曲も作詞作曲をしてきたと言う
素敵なミュージシャンにお逢いしてきました。

聞いているうちに、歌の歌詞が琴線にふれ、涙が頬をつたっていました。

隣の人も、その隣の人も・・・

こんな歌を生で聞いたのは初めてで、時間が過ぎるのも忘れ、
聞き入ってしまいいました。

そして、歌と歌の間で話す内容が、また素晴らしい。

その中の一つの話に、先程の

「緊張する」

「人に見られると集中できなくなる」

の答えがありました。

彼が、「後出しジャンケンゲームをしましょう。」
と言ってきました。

「後出しジャンケンでいいので、まずはオレに勝ってください。」
皆は、クスクス笑いながら彼に後出しで勝っていきます。

「その次はオレとあいこになってください。」
これも簡単にあいこになれる。だって後出しだから。

「最後にオレに負けてください」
これも簡単だ・・・

と思ったら意外と難しい。
後出しなのに彼に勝ってしまっている自分がいる。

彼が、「オレたちは学校でも社会でも負けるということを教わっていない。
しかし負けることからこそ大いなる学びを得られる。」

そうなんです。

私達は、親や教育者から勝つ事だけを学んできました。

失敗したり、負けたり、間違ったりすると親や教育者が怒ったり悲しんだりします。

そして、その言動の裏には

「失敗するな」
「負けるな」
「間違うな」
「失敗する人は、ダメな人だ」
「負ける人は、弱い人間だ」
「間違う人は、能力がない」

などの禁止令や否定的な暗示があります。

それを見て、聞いて、感じて、
失敗=ダメな人間
というレッテルをいつしか自分で刻み込んでしまいます。

そして、負ける事や失敗する事を恐れていきます。

だから慣れていない事や新しいことをすると、

「良く見せなければいけない」
「成功しなければいけない」

と思う観念が、緊張や集中できなくなるきっかけを作ってしまうのです。

だって、失敗する=ダメな人間になってしまうから

これは、凄く怖いと思います。

しかし、私達は小さい頃、沢山の失敗を恐れずにしてきていたんです。

勉強もスポーツも遊びも食事も全て。

初めてすることは全て、何度も間違えたり、失敗して覚えてきました。

間違えたり失敗する事がダメだと思っていなかった頃は、
それを恐れる代わりに楽しんで行動してきました。

そして頭を使ったり、身体を使ったりして、沢山の学びを得てきました。

トーマス・エジソンの有名な話でこういうのがあります。

彼は、完璧な電球を作ろうとして、九千九百九十九回実験を繰り返したが
上手くいかなかったそうです。

周りは、「1万回も失敗したら、もういいだろう」と言うと
エジソンは、「これは、失敗ではなく上手くいかない方法を一万通り発見したところさ」
と言っています。

彼は、失敗ではなく全て結果であって、やり方を変えれば、

また違う結果がでるという事に気付いていました。

シェークスピアの言葉で、
「疑いは裏切り者だ。やってみることに恐れを抱かせ、
手に入るかもしれないものまで失わせてしまう」

失敗を恐れる人は、自分が出来る事しかしなくなってしまいます。

それは、怖くないし傷つく事はないかもしれませんが、成長も止まってしまいます。

踏み出す事に怖くなったら、

「間違ったって良いよ。」

「失敗したって良いよ。」

「負けたって良いよ。」

「私は、やる事もできるし、やらなくても良いんだよ」

「私は今、精一杯頑張ってるよ。」

って言ってあげてください。

そう思う事により、行動の幅が広がってきます。

どんなに小さな行動でも、あなたが勇気を出してその一歩を踏み込めた事が大事であって、
そのプロセスを褒めてあげてください。

そして、出てきた結果を頭や身体を使って、また何かに変えていけば良いのです。

その繰り返しが成長に繋がり、自分の体験談となって、
あなたの素晴らしい学びになるのです。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


女性専門カウンセリング アミティ(千葉県船橋市)



posted by: 心理カウンセラー 委原のり子 | - | 16:22 | comments(0) | - | - | - |