Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小さい頃の影響

こんにちは。

女性専門カウンセリングアミティの委原です。


私達は、小さい頃から沢山の刺激を受けています。

そして、人が成熟するには触れ合う事、言葉(音)、見る事などの刺激が
不可欠です。

沢山の刺激の中で、最も影響力を持っているのは、
両親です。

子供の頃に見た両親の行動や言われた言葉、そしてそこで
感じた感情は、心に刻まれ、成人してからも生き続けます。


例えば、

☆頭をなでられた。

☆意見を尊重された。

☆話をじっくりと聞いてもらえた。

☆100点を取ったら、お母さんが凄く喜んでくれた。

☆○○ちゃん、大好きよ。

☆勉強したら、おやつを沢山くれた。

☆○○ちゃん、かわいいね。

☆誰がなんと言ったって、ママはあなたを信じてる。

☆勉強できても、できなくても、あなたは私達の
大事な娘だよ。

これらは、全て肯定的(快)な刺激です。

これらの情報は能力を発揮する上で、自信に繋がります。


逆に自分の能力を抑えてしまう刺激もあります。

◆殴られた。

◆食事を与えられなかった。

◆話しかけても返事をされない(聞いてないふりをされた)

◆勉強しない子は嫌いよ。

◆本当に何をしてもダメな子ね。

◆あんたなんか産まなきゃ良かった。

◆うるさい!

◆ハキハキしない子は嫌いよ

これらは、全て否定的(不快)な刺激です。

これらの情報は元々持っている能力を発揮できずに
自分を責めてしまいます。


成長するにつれて、親が言っている事が全て正しいとは
思わなくなっても、親の言動は引き継がれ、無意識に
自分の思考や行動に反映されます。

●私は価値が無い

●私がしていることは、無意味だ

●私には、能力がない

●私は人から嫌われる

●私はダメな人間だ

このように考えていると、それを現実化しようと行動をおこしてしまいます。

今の自分を責めてしまっている言葉は、真実ではなく、親の言葉を受け継いでいる
だけかもしれません。

まずは、常に考えている否定的な言葉に気付き、こう言ってあげましょう。

「これは、私の言葉ではありません。私は素晴らしい愛される価値のある人間です」

慣れてきたら、今度は鏡に自分の顔を映しながら言ってあげてみてください。

何度も何度も繰り返し繰り返し言うことで、自分の価値や能力を信じられるようになります。

次回は、自分の中にある素晴らしい能力の見つけ方について、お話したいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


女性専門カウンセリングルーム アミティ(千葉県船橋市)











posted by: 心理カウンセラー 委原のり子 | - | 00:41 | comments(0) | - | - | - |