Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
気持ちの伝え方
こんにちは。

女性専門カウンセリングアミティの委原です。

前回、「怒りを受け入れることの大切さ」についてお話をしました。

怒りの感情を押さえ込んだり、排除したりせず、
受け入れて認めてあげる。

初めのうちは、紙に書いてみると良いかもしれません。

そして、ご自分の本当の気持ちに気付いたら、
今度はそれを相手に伝えます。

人は、近い関係になればなるほど、

「言わなくてもわかってくれるはず」

「言わなくても気付くのが当然だ」

という思いや期待があります。

しかし、育ってきた環境や考え方は人それぞれですので、
ご自分の気持ちを、きちんと言葉で伝える事が大切です。

そして気持ちを伝えたら、次にご自分の要望を伝えます。

その伝え方を、今日はお伝えしたいと思います。

前回の例ですと、喧嘩になってしまうのは相手を批判して
しまう時に起こります。

「あなたって何でいつも待ち合わせに遅れてくるの?
 待ってる人の気持ちなんか考えてないんでしょ」

こうなると相手も謝る気持ちがあっても、自分を批判された
気持ちになり、相手に対する攻撃心がおこってしまいます。

でも、相手を批判しても本当の解決にはなりません。
むしろ、お互いを傷つけて関係が悪化してしまうでしょう。

ですので、相手を批判するのではなく、自分の気持ちと、
逆にどうして欲しいのかを伝えます。

「30分待っても連絡がこなかったから、とても不安になってしまったの。←自分の気持ち
家を出る時に一度メールをくれると安心できるんだけどな。 ←要望 」

要望を言う事は、とても大切です。

相手は、あなたの気持ちを理解することはできても、
どうしたら良いのかがわかりません。

ご自分がしてもらいたい事を伝えることによって、
その要望が叶う確率が高くなります。

他には過去にしてもらった事で嬉しかった事を伝える方法もあります。

「あなたが連絡をマメにしてくれた時は、凄く安心して嬉しかった。」

など、相手からしてもらった事で、自分が嬉しかった事、
楽しかった事を伝えます。

そうすることで、相手はどうするとあなたが嬉しいと思うのかが
わかります。

これは、家族や会社など、誰にでも使えます。

相手を傷つけずに自分の気持ちを素直に表現することによって、
より良い関係が築けます。

気持ちの伝え方は、何度も練習することによって身についていきます。

初めは、文章を考えてから言ってみると良いと思います。


今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。


女性カウンセラーによる女性専門カウンセリングアミティ(千葉県船橋)
posted by: 心理カウンセラー 委原のり子 | - | 00:20 | comments(2) | - | - | - |
のりちゃん、いつも素直でまっすぐな日記をありがとう。読んでいて心が洗われるようです。

私にとって怒りの感情は相手に伝えるのがとても難しいです。
それは嫌われてしまうのではという怖れからから来ているように思います。

紙に書くのはいいですね。
感情のままではなく、一旦落ち着いてきちんと自分の本当の気持ちを確認してから、I-Statementで伝える。
やってみます。

逆に相手から怒りの感情をストレートに伝えられたときのことですが
心臓がどきどきして高ぶってしまいました。
自分の弁解に回ってしまったり。
こういう場合はどう対処したらいいのか困ってしまいます。
| ともこ | 2010/10/09 10:05 AM |
トモコさんへ

コメントありがとうございました。

怒りの感情を出したら、嫌われてしまうという思いがあるんですね。

怖れがあるために、怒りを処理できず、御自分を責めたり、相手を責めたりと、葛藤があったと思います。

辛かったでしょう。

まずは紙に書いてみて、相手がどうしたら理解してくれるかを文章にまとめてみると良いと思います。

そして、喧嘩や気まずい時ではなく、きちんと話ができるときに、伝えてみてください。

たとえ、1回言って相手が変化しなくても、焦らず、時間を置いて別の日に再度言ってみてください。

人は、信じている物や習慣になっているものを変えるのには、時間がかかります。

しかし、言わなければ何も変わりません。

そして、

「逆に相手から怒りの感情をストレートに伝えられたときのことですが
心臓がどきどきして高ぶってしまいました。
自分の弁解に回ってしまったり。
こういう場合はどう対処したらいいのか困ってしまいます。」

これも、喧嘩や相手が聞く耳を持っていない時ではなく、穏やかで話ができるときに、素直に感情を表現してみてください。

「私は、あなたが怒った時に言う言葉に心臓がドキドキして怖くなるの。 そうなると、冷静に考えられなくなってしまうので、もう少し穏やかに言ってくれると、私もきちんと答えられると思う」

こんな感じです。

これも、言ったからといって、彼がすぐに変われるかはわかりませんが、気付く事はできます。

その都度、ご自分の感情を素直に報告すると良いと思います。

人は、習慣化しているものも、意識することで、変わる事ができます。

トモコさんを応援しています。


| 委原のり子 | 2010/10/10 5:35 PM |