Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お知らせです。
申し訳ございません。

9月13日の午後から19日の午後まで、お電話とメールでの対応ができません。(上記の間のカウンセリングのご予約ができません。)

実は、兼ねてから学んでみたかった心理療法の1つ、内観療法を勉強してきます。

内観療法とは、1960年過ぎから心理療法の1つとして精神科などでもとりおこなわれてきました。
現在では、民間でも日本各地で行われています。

心理療法のほとんどが、欧米から取り入れたものですが、内観療法は、数少ない日本発祥の世界に広がった心理療法の1つです。

現在は、ドイツ、イギリス、オーストリア、イタリア、スイス、スペイン、アメリカ、カナダなど他にも沢山の国で内観療法が取り入れられています。

ドイツでは、心のケアとして刑務所や学校でも導入されているそうです。

日本人の心理療法士として、伝統ある日本の心理療法を学んでみたいと思い、今回は時間を作って学びに行くことに決めました。

内観療法は、とてもシンプルです。

外界との交流が一切遮断され、徹底して自分の内側を見ていく、まさに内観するのです。

毎日、母、父、兄弟、友達、パートナーなどの事を3つのテーマにそって、思い出していきます。

テーマは、
1,してもらったこと
2,して返したこと
3,迷惑をかけたこと

思い出したことを、カウンセラーに報告します。
話をできるのは2時間に1回くらいで、その他は誰とも話ができず1日を過ごします。

これにより自分や他者への理解・信頼が深まり、自己の存在価値・責任を自覚する事によって、よりよい自分の可能性を促していきます。

また、アルコール依存症患者にも効果があり、断酒に成功した方もいるそうです。

有名な偉大なる方達も、一度は体験、そして学んだことがある内観療法。

そして、私の尊敬する先生方も内観療法は自分と向き合うのに画期的だとおっしゃっています。

カウンセリングや心理療法を学んでいく上で、
自分と向き合い、様々な変化をしてきましたが、
今回の内観療法で、また新たな自分や他者への理解、そして感謝の心を発見することができればと思っています。

そういう気付きこそが、カウンセラーにとって必要不可欠だと感じます。

今後のカウンセリングをより良いものにするためにも頑張ってきます。

期間は、13日から19日までの1週間です。
その間は申し訳ございませんが、電話での対応とメールの返信ができません。

急を要する方や、質問がある方等、ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください。

12日までは、通常通りお受けできます。

それ以降は、19日の午後1時から電話に出ることができますので、御用の方は、ご連絡をお願いいたします。

メールの返信も13日の午後以降は、19日からできますので、お急ぎで無い方は期間中でもメールをお送りください。

順次返信いたします。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


女性カウンセラーによる女性専門カウンセリングアミティ(千葉県船橋)




posted by: 心理カウンセラー 委原のり子 | - | 17:41 | comments(0) | - | - | - |