Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
山に癒されて
先日、山に行ってきましたラッキー

yama

私が山に行くと心がワクワクしたり、胸がスーーッと
落ち着いたりするなぁって気付いたのは、スノーボードを
するようになって5年目からです。

山の頂上でスノーボードを付けてから、立ち上がり、
そして、他の山を一望した時に感じる、お腹の辺りから
胸にこみ上げてくる感覚が、とても気持ち良いのです。星

それからは、春夏秋冬で色々な山を見に行きました。

今年は年始から忙しかった事もあり、山に行く事ができなかったの
ですが、ようやく山に行くことができました。

まだ雪が残っている場所もあり、その雪の感触を足で感じながら、
とっても癒されました。

そして座れる場所をみつけて、家から持参したA3用紙に絵を書きました。

つい、4年前まで私は絵を描く事が大嫌いでした。

小学校3年生の時に、先生が一人一人の絵を皆に見せながら評価をしました。
そして、私の番になった時、先生は私の絵を見ながら、
「この背景の色は最低だな。幼稚園生でも使わないぞ。」
と言ったのです。

皆の笑い声、先生の私を見る目、本当にショックでした。

その頃から、
「私は絵が下手なんだ。」
「小学3年生なのに、幼稚園生と一緒の私は無能」
「私が描いた絵は、人様に見せる物じゃない」
という信念が出来上がってしまいました。

今から考えると相当ショックだったんだなぁって思います。
それからは絵だけでなく、歌やダンスという、人に見せるものは全て
苦手意識が付きまといました。

普段から色々な物に興味があり、色々と試すタイプなので、
周りから羞恥心がある自分を、なかなかわかってもらえず、
度々、皆の前で、歌わされたり踊らされたりして、
とても大変でしたムニョムニョ

絵や歌、そしてダンスなどを出来るだけ避けてきたので、
どちらかというと理論的な方だったと思います。

そんな私が、心理療法を習っている時に先生から、
「次に来る時までに絵を描いてきてください。」
と言われました。

私が理論的に物事を解釈するタイプというのを知っていた先生は、理論的に絵を描くことの大切さを教えてくれました。

そして、
「うまく描こうと思わなくて良いですよ。楽しんでください。」
と言ってくれました。

それからの週末は、近くの公園に絵を描きにいきました。

真剣に絵を描こうとしたのは、多分20年ぶりですてれちゃう

人気のない公園で、1人で花やブランコを描きました。

これが、全然楽しくない。
それどころか、自分の絵を見ながら涙がでることもありました。

しかし、先生に見せた時に、けしてお世辞でも上手ではない絵を褒めてくれたのです。

その時に、今までの傷ついた心がゆっくりと溶けていくのを感じました。

「あー、私は絵を描いて良いんだ」って素直に思えました。

先生は、私の傷ついた心をわかってくれてたんです。
本当に感謝してます。

そして、今ではお蔭様で、鼻歌を歌いながら絵を描けるくらい楽しめるようになりました。

今回描いた絵は、2010年7月からの行動記録を絵にしてみました。

いわゆる未来日記です桜

山に囲まれながら絵を描いていくうちに、沢山のアイディアやヒラメキが
でてきました。

yama2


一緒に行った友人が、私の変貌ぶりに驚いていました。

私も自分の変わり様に、思わず昔を思い出してしまいました。



今日も最後まで読んでいただきありがとうございましたラッキー


女性カウンセラーによる女性専門カウンセリング(千葉県船橋)




posted by: 心理カウンセラー 委原のり子 | - | 20:25 | comments(0) | - | - | - |